仮想通貨 技術研究所

仮想通貨 技術研究所

実際に手を動かすことを重視した仮想通貨のHow toブログ

AWSの課金に耐えかねた方々への、Heroku PHPによる無料データベース利用方法

前回までのあらすじ

Mastodonを立てるために奮闘していた作者は、結局途中で色々忙しくなってAWSを放置していたら、また大量課金されていてびっくりしたドン。
f:id:tetsuyaimagawa:20170611155541p:plain

今回のあらすじ

やはり気軽にデータベースを利用したwebアプリを作れるHerokuは有能。

基本操作

インストール(Mac
$ brew install heroku
ログイン/ログアウト
$ heroku login
$ heroku logout
アプリ作成
$ heroku create AppName
ブラウザでアプリ立ち上げる
$ heroku open
デプロイしているファイルを確認
$ heroku run bash

データベースを使えるようにする

DBアドオン"ClearDB"を追加する
$ heroku addons:add cleardb:ignite -app AppName

-app は -a で代用可。
アプリディレクトリ内では -app 不要。

CLEARDB_DATABASE_URLを調べる
$ heroku config -app AppName | grep CLEARDB_DATABASE_URL

mysql://~が出てくるのでメモる
下記のような形式になっていて、DB設定時に必要なパラメータが載っている。
mysql://username:password@us-cdbr-east-XX.cleardb.com/heroku_00000000000?reconnect=true

  • ユーザー名:username
  • パスワード:password
  • ホスト:us-cdbr-east-XX.cleardb.com
  • データベース名:heroku_00000000000
CLEARDB_DATABASE_URLをDATABASE_URLに代入

メモったmysql://~を代入する

$ heroku config:add DATABASE_URL='mysql://~' -a AppName

PHPを使えるようにするための準備

コンポーザーを作っていればPHPと認識してくれる。
$ echo '{}' > composer.json
アプリ作成時にビルドパックを入れてもよい。
$ heroku create AppName -s cedar -b  git://github.com/iphoting/heroku-buildpack-php-tyler.git
ビルドパック一覧
$ heroku help buildpacks
ビルドパック削除
$ heroku buildpacks:remove git://github.com/iphoting/heroku-buildpack-php-tyler.git

git設定

初期コミット・プッシュ
$ git init
$ git add .
$ git commit -m 'initial commit'
$ git push heroku master
Heroku上のGitリポジトリ
$ heroku git:remote -a AppName
登録されたリポジトリ確認
$ git remote -v
master以外のブランチから強制デプロイ

stgというブランチをHerokuのmasterにデプロイする場合

$ git push heroku stg:master --force

その他

ステータス確認
$ heroku ps --app AppName
ログ確認
$ heroku logs -t --app AppName
MySQLエンコード変更

例えばutf8mb4に変える場合

$ heroku config:set DATABASE_URL="mysql2://<username>:<password>@<host>/<database>?reconnect=true&encoding=utf8mb4"
アプリ名変更

アプリディレクトリ内

$ heroku rename NewAppName

アプリディレクトリ外

$ heroku rename NewAppName -app OldAppName
タイムゾーン・言語設定
$ heroku config:add TZ=Asia/Tokyo
$ heroku config:add LANG=ja_JP.UTF-8
$ heroku restart