仮想通貨 技術研究所

仮想通貨 技術研究所

実際に手を動かすことを重視した仮想通貨のHow toブログ

PyTorchとは? | TensorFlowはもう古い?! PyTorchで始めるディープラーニング

年末年始引きこもって習得したTensorFlowですが

tetsuyaimagawa.hatenablog.com

 

どうやらTensorflowは2016年で終わっていたようです…

 

2017年はPyTorch… 

Tweetを読み込むと、2017に来るのはPyTorchとのこと。

TensorFlowよりもChainerに近いというPyTorch、違いはグラフにある模様…

TensorFlow doesn’t handle dynamic graphs very well though there are some not so flexible and frankly quite limiting primitive dynamic constructs.

 TensorFlowは動的なグラフをうまく扱えない…(PyTorchは扱いやすい)

How is PyTorch different from Tensorflow? – Hacker Noon

 

 

実際にためしてみた 

早速使ってみましょう。

公式サイトのGet Startedが親切過ぎて、一瞬でインストールできます。

 

サンプルも落として実行するだけで瞬殺です。

github.com

 

例によってMNISTを試してみます。

f:id:tetsuyaimagawa:20170209194225p:plain

TensorFlowのときと比べると圧倒的に素早く起動確認できました。

オープンソースのMauticでマーケティングオートメーションしてみた

オープンソースマーケティング・オートメーションソフトウェア Mauticを使ってみます。

www.mautic.org

マーケティング・オートメーションソフトウェアは、簡単に言うと“勝手にマーケティングしてくれます”。

 

リレーションシップをオートマティックにマネージして結果にコミット

オープンソースなので勿論タダ。ダウンロードしてきて、ローカル環境で起動します。

 

ためしにContactsに女子を数名登録してみます。

f:id:tetsugps:20160613165025p:plain

 

 

Campaignを作成し、目標を設定します。

f:id:tetsugps:20160613164739p:plain

 

 

ここからがオートメーションのミソ。発動条件とイベントを繋ぎ、コンバージョンまでのフローを作成します。

 

f:id:tetsugps:20160613165157p:plain

 

特定のイベントが発生するとポイントがアップする機能で“好感度”を管理します。

f:id:tetsugps:20160613171155p:plain

 

送信するメールも事前に用意しておき、自動的に散布させます。

100人に「明日の夜空いてる〜?」というメールを一斉送信することも可能です。

f:id:tetsugps:20160613164753p:plain

 

 

 

起動して一週間経ったら、彼女が3人できている…といった未来もそう遠くないのかもしれません。

デートもロボットに行ってきてもらいましょう。